中学2年生 13〜14(be able to・感嘆文)

中学2年生 13〜14(be able to・感嘆文)

be able to

私は英語を話せる。
I am able to speak English.

彼は英語を話せるようになる。

He will be able to speak English.


彼女は英語を話せた。

She was able to speak English.

「かもね!」「It can be.

canは「できる」という意味の他に「~の可能性がある、~かもしれない」というmaybeに近い意味を持っています。

彼、宝くじに当選すると思う?

Do you think he will win the lottery?

もしかしたらね!

It can be!

あの子本当に私の弟にキスしたの?

Did she really kiss my brother last night?

多分本当だよ!今日みんな噂にしてたからね。

Yeah, it can be true! Because people talk about the rumor a lot today.

嘘!そんなはずない!

No, it cant be true!

餅を飲み込むのは、詰まらせて危ないかもしれないから、やめなよ!

Dont swallow a rice cake because it can be dangerous to stuck them in throat.

今回はPart14 感嘆文から

なんて暑いんだろう!

How hot the weather is!

どのくらい暑いの?
How hot is the weather?

東京は溶けちゃうくらい暑いよ~

It is boiling hot in Tokyo.

How nice/cool/wonderful!」 素晴らしいね!

相槌の表現になります。

相手が言ったことに、「How nice!」と言うだけでも

相槌として「すごいね~」などの意味として使えます。

先週ハワイに行ったら、ワイキキビーチでウィルスミスにあったんだよ!

I went to Hawaii last week and I saw Will Smith at waikiki beach.

すごーい!いいね!

Wow, how nice! / how cool!

[wp-members page="members-area"]